標準新演習 中3 英語 [J-educa0173]

標準新演習 中3 英語 [J-educa0173]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税別)

中学生 通年教材
標準新演習 中学
学習環境の変化とともに歩む塾用教材のスタンダード

.ページ数 : 80〜200P

2012年度版の詳細はこちらをご覧ください
『標準新演習』は要点整理、導入問題、習得問題、応用問題等の各要素のバランスを徹底的に研究し、さまざまな「指導現場の声」を取り入れた「汎用性の高い
単元構成」をコンセプトとしています。解説や問題をただ羅列するのではなく、各要素の整合性を図りつつも、問題は重層的・階層的に配置されており、予習型
の解説授業、教室での演習授業、生徒への宿題指示等、さまざまな指導スタイルに対応することができます

年間指導単元数がほぼ30、1単元が原則4ページ
学習塾としてメイン教材を『標準新演習』に設定した場合、年間52週中およそ30週を平常の指導とし、定期テスト対策、講習時の復習やテーマゼミをプラスα週とすれば、年間を通じて過不足のない効率的な指導スケジュールを編成することができます。また、指導スケジュールが編成できれば、平常時の指導は「週1単元原則4ページ」という進度と範囲が確定でき、バランスよく年間カリキュラムを推進可能。カリキュラムと単元構成は、新人講師を即戦力にする、代講をきっちり行う、保護者へ向けて学習状況を報告するといった現場主義から生み出されています
. 1単元に1枚の確認テスト
学習塾指導の基本スタイルは、単に「教える」ことから「教え、評価し、フォローする」という形へと変化しています。日々の指導の中で生徒の学習状況を常に把握し、タイムリーなフォローを行うために、学習内容の達成度をチェックできる「確認テスト」が必要不可欠なのは言うまでもないでしょう

中学3年用は「入試対策」を兼ねた万全な内容1・2年内容のタイトな総整理、巻末には入試対策コーナー
『標準新演習』は公立高入試に照準を合わせた塾用教材のスタンダード。中学3年用は、1・2年用とコンセプトが異なり、入試対策としての使用も考慮し、1・2年内容を、入試対策という観点から教科特性に応じて3年内容の前にコンパクトにまとめています。また巻末も入試対策という切り口で、コーナー的な取り扱いを充実させました